江部賢一ファンクラブ(私設)

ギターの名編曲者、江部賢一さんの仕事を、記録します。

コンドルは飛んで行く

 

Jorge Milchberg, célèbre pour "El Condor pasa", est mort (radiofrance.fr)

「コンドルは飛んで行く」を編曲した、音楽家のホルヘ・ミルチベルグさんが亡くなったそうです。

 

【8月27日 AFP】

1960年代に南米アンデス民族音楽の曲「コンドルは飛んでいく(El Condor Pasa)」を編曲したことで知られる演奏家で作曲家のホルヘ・ミルチベルグ(Jorge Milchberg)さんが20日、フランス・パリで死去した。93歳。

 

詳しい経歴と、「コンドルは飛んで行く」の成り立ちは、元の記事に。

www.afpbb.com

 

 

えべけんさんの本で、「コンドルは飛んで行く」を取り上げたものは、次の通り。

 

『ギター・デュエット名曲集』(日音、1980年代?)二重奏[Am]

サイモン&ガーファンクル』(シンコー、1993年・2005年)ソロ[D]

『ロス・インディオス・タクナウ』(ドレミ、1997)

  瀬賀倫夫/編、江部賢一/監修、採譜・二重奏

 

(『ポップス・ギター・デュエット』(ドレミ)は、竹内永和さんの編曲)

 

 

 

サイモン&ガーファンクルの「コンドルは飛んで行く」の成り立ち

ポール(・サイモン)は1964年にヨーロッパでクラブまわりをしていたときに、ロス・インカスというグループがペルーのフォルクローレを演奏するのを聴いた。南米の民族音楽に初めてふれたのがこのときだった。そして、このとき聴いた「コンドルは飛んで行く」をいつか自分でレコーディングしようと思っていた。(中略)

サイモン&ガーファンクルがアルバム『明日に架ける橋』で発表した英語の歌詞はポールが書きおろしたものだ。ロス・インカスのオリジナル・レコーディングをそのまま使って、歌を乗せている。(後略)

淡路和子/解説

『文藝別冊[総特集]サイモン&ガーファンクル河出書房新社(2003)より引用

 

 

ホルヘ・ミルチベルグの演奏(チャランゴのソロ)


www.youtube.com

ロス・インカスの演奏(1965年)


www.youtube.com


www.youtube.com

サイモン&ガーファンクルの演奏


www.youtube.com


www.youtube.com

ロス・インディオス・タクナウの演奏


www.youtube.com


www.youtube.com

 

 

曲についての、より詳しい記事です。

www.tapthepop.net