江部賢一ファンクラブ(私設)

ギターの名編曲者、江部賢一さんの仕事を、記録します。

武満徹は、何処でシャンソンを聴いたのか ⑥

番外編で、武満徹を取り上げています。

音楽との「決定的な出会い」の場所について。

 

飯能側の資料を探してみました。

 

第4回 飯能ご当地検定  (検定日 平成29年8月27日)

出題番号54

昭和19年、現在の新光地区一帯(入間市分含む)にあった糧秣廠(りょうまつしょう)に学徒勤労動員され、後に世界的な作曲家になった人物は誰か。

(1)武満 徹  (2)中田喜直  (3)滝廉太郎  (4)弘田竜太郎

解答(1)

解説より

京華中学生・武満徹は、昭和19年から糧秣敞と元加治(もとかじ)駅間を物資運びのため、学徒勤労動員された。ある日、見習士官が手回しの蓄音機を持ってきて、禁止されていたシャンソン「パレル・モア・ダムール」(私に愛を語って)を聞かせてくれたという。その音に神の啓示を受け、戦後作曲家となった。

 

この問いの出典は、次の記事です。見開きの随筆から、抜粋を引用します。

 

武満徹と飯能」浅見徳男(『飯能ペン』第6号 1997年2月28日発行)

 ここでは、(中略)武満音楽を語ろうというのではなく、彼と音楽との出会いが、この飯能の地であったということを記そうというのである。

 

 昭和19年、太平洋戦争は日本の敗戦色濃く、本土決戦まで現実のものとなりつつあった。当時 武満14歳、東京の京華(けいか)中学2年に在籍していたが、すでに授業どころではなく、生徒は勤労動員に明け暮れする日々であった。

 そんなある日の動員先が、平地林の鬱蒼と広がる飯能町双柳(なみやなぎ)であったという。そこに何か所もつくられていた陸軍の糧秣廠(軍の食糧保管倉庫)へ、武蔵野鉄道元加治(もとかじ)駅から食料品を運ぶのが彼等の仕事であった。

 飯能丘陵が東へ伸びて、平松辺で平地に没する。その麓から広がる林が、入間川河岸段丘まで続いており、この地域のほとんどが双柳地区である。敵の戦闘機から身をかくすにも、倉庫が見つけられないためにも格好の場所であったのであろう。

 家庭を離れ、知らない土地で寝泊まりしながらの作業は、少年たちにとってかなり辛いものであったろう。そのようなある日、武満にとって決定的ともいえる音楽体験が訪れた。

 仕事に疲れて、からだを休めていた少年たちの宿舎へ、一人の見習士官が手回しの蓄音機を下げて尋ねてきた。そして、1枚のレコードを聞かせてくれたという。それは、シャンソン「パルレ・モア・ダムール」(私に愛を語って)という曲であった。西洋音楽は敵性音楽として、禁じられていたときのことである。その新鮮な響きが、電流のように彼の身体を走ったらしい。

(中略)このようにして、武満と音楽の出会いが、閑寂な飯能の平地林で起こった。そして、戦後一念発起した彼は、ほとんど独学で作曲家としての基礎を養っていったらしい。

 昭和25年12月、20歳の武満は、新作曲派協会 第7回作品発表会で、ピアノのための《2つのレント》という作品を、初めて世に問うことになる。演奏したのは藤田晴子であった。

 藤田は異色のピアニストで、当時 東大法学部政治学科の学生であった。そして、この藤田も飯能とかかわりがあり、この演奏の2年前、昭和23年11月7日に飯能第一小学校の音楽室で演奏会を開いている。

 

武蔵野鉄道は現在の西武池袋線東飯能駅八高線と接続します。八高線松久駅児玉郡)に繋がります。

浅見徳男さんは、郷土館の元館長。郷土館は2020年から飯能市立博物館になりました。

『飯能ペン』は、飯能ペンクラブ発行の文芸雑誌。1991年から2012年にかけて20号まで発行されたようです。

 

浅見さんの随筆では、「双柳(なみやなぎ)」となっています。

飯能ご当地検定では、「新光地区一帯(入間市分含む)」となっているので、他にも資料があるのかも知れません。「新光」は、昭和25年に設けられた大字です。

 

武満徹が、シャンソンを聴いたのは、双柳~新光の辺りのようです。

「今昔マップ」で見ると、昔は松林が広がっていた場所です。

 

 

聞かせてよ愛の言葉を( Parlez-moi d’amour )

後に、見習士官と再会し、歌手はリュシエンヌ・ボワイエだったことを伝えられました。ジョセフィン・ベーカーと取り違えているということは、こちらも聴いているということでしょう。

 

リュシエンヌ・ボワイエ( Lucienne Boyer )の歌 

youtu.be

ジョセフィン・ベーカー( Josephine Baker )の歌 

youtu.be

www.magictrain.biz