江部賢一ファンクラブ(私設)

ギターの名編曲者、江部賢一さんの仕事を、記録します。

『Go! Go! GUITAR』の連載 2002年

f:id:ebe-kenfan:20200717004359j:plain

ゴー!ゴー!ギター 1998年10月 創刊号

『Go! Go! GUITAR』は、ヤマハミュージックメディア発行の月刊雑誌。

創刊は1998年10月号。2019年2月号で休刊となりました。

 

弾き語りの楽譜を中心に、インタビューやライヴ・CDの情報、初心者向けの講座まで、盛り沢山の内容でした。

 

クラシックギターを弾く人で、この本を読んでいる人は少ないと思います。

村治佳織さんが表紙になったこともあります(1999年2月号)。大萩康司さんのCD発売時のインタビューもありました(2003年3月号)。が、やはり、クラシックギターとの接点は、少ないです。

 

創刊当初から、ソロのタブ譜が毎号2~3曲、掲載されています。

雑誌の性質から、初中級くらいのポップスが中心です。

 

えべけんさんのソロ編曲が登場するのは、2002年10月号。

 弾きやすく、響きの良いものが多いです。たまに難曲も。

 

亜麻色の髪の乙女島谷ひとみ)(2002年10月号)[D]
涙そうそう (2002年11月号)[D]
大きな古時計 (2002年12月号)[C]
ダイアモンドヘッド (2002年12月号)[Am]ソロリードギター

追記(7/31)

「ダイアモンドヘッド」は、ソロ編曲でした。ベンチャーズをソロでやってしまおうという、「大胆な企画」。好編曲です。

 

難点は、タブ譜だけの掲載ということ。五線譜がありません。

『Go! Go! GUITAR』のソロ譜をまとめた名曲集が何度も出ますが、こちらもタブ譜のみです。名曲集に、編曲者の名前が入っていないのも難点。

 

コードネームは、付いているものが多いです。

編集側の都合からか、季節ものなど、使い回しが多いです。

 

中断する時期もありますが、えべけんさんは編曲の提供を長く続けられました。

 

ゴーゴーギターのソロ譜は、「年度」の区切りではなく、「年」で扱います。

 

10月号以降の、他の編曲者の担当曲は次の通り。

 

[海田千弘]風になりたい (2002年10月号)

[海田千弘]Any(ミスターチルドレン)(2002年11月号)

 

基本的に、1曲を1編曲者が担当しています。同じ曲が別の号に出ていたら、再掲載ということです。

確認できた例外は「ラプソディ・イン・ブルー」。えべけんさんの編曲が2種類あります(2010年1月号[A]、2012年5月号[G])。

追記(7/27)

もう一つ例外がありました。「 パイプライン」は、えべけんさんの編曲が2003年9月号に掲載されました。2017年8月号に掲載されたのは、滝沢恵人さんの編曲でした。

追記(10/7)  

ボレロ」(ラヴェル)も編曲者が2人です。富川勝智さん(2006年4月号)と、えべけんさん(2010年1月号)です。

また、「アヴェ・マリア」は、グノー作曲のもの(2003年2月号)と、シューベルト作曲のもの(2009年12月号)があります。どちらも、えべけんさんの編曲です。

 

2002年の著書は少なく、ドレミの『宮崎駿監督アニメ音楽コレクション』の改訂版(4月25日に記事)、現代ギターの『アンサンブル曲集8』、ヤマハの『ジャズ・スタンダードを弾く』3冊でした。