江部賢一ファンクラブ(私設)

ギターの名編曲者、江部賢一さんの仕事を、記録します。

『現代ギター』誌の記事・連載③ 90年代 ザ・ポップス道場 PART3

f:id:ebe-kenfan:20200529172202j:plain

バーデン・パウエル

『現代ギター』誌で「江部賢一のザ・ ポップス道場 PART3」が1年間連載されました(1996年4月号~1997年3月号)。
前年度に続く連載です。PART3のタイトルは「アコースティック・ギタリスト研究」の[奏法編]です。

 

「このコーナーではジャズ・ポピュラー系の音楽をクラシック・ギターの奏法で追求しているギタリストを取り上げている」

PART2に続き、採譜を元にしています。

 

①詩人のお話し 前半(バーデン・パウエル)[E]

②詩人のお話し 後半(バーデン・パウエル)[E]

③ワルツ・フォーエヴァー(ジョン・ノウルズ)[C]

④サマンバイア(マルコ・ペレイラ)[C]

⑤オッサーニャの唄(トッキーニョ)⑥D[Dm-D]

⑥あなたゆえ Por Causa de Você(バーデン・パウエル)[A]

⑦星に願いを(チェット・アトキンス)[C]

⑧ホーランド・パーク(二重奏)前半(ジョン・ウィリアムズ)⑥C、⑥D

⑨ホーランド・パーク(二重奏)後半(ジョン・ウィリアムズ)⑥C、⑥D

⑩ネーネ・ショーロ(ガロート)[E]

⑪そして、バラが 前半(バーデン・パウエル)⑥D[D]

⑫そして、バラが 後半(バーデン・パウエル)⑥D[D]

  ( )内は元になった演奏のギタリスト

 

「ホーランド・パーク」だけは二重奏です。後に読者からの指摘で、1st ギターの変則チューニング(⑥C)が判明しました。2nd ギターは⑥Dです。

 

「星に願いを」

随所にハーモニックスがちりばめられた、かなり凝ったアレンジになっている。演奏はハードだが、非常に演奏効果が高い、素晴らしいアレンジだ。この曲の最高のアレンジではないだろうか。

親指のハーモニックスと薬指の実音を交互に演奏するという画期的な奏法で、オルゴールのような見事な効果を作り出している。

 

 

バーデン・パウエルの登場が多いです(「オッサーニャの唄」も含めて)。1997年5月頃の来日予定を知り、期待が高まっていたのでしょう。

PART2に、バーデンへの強い思い入れの記述があります。

バーデン・パウエルはブラジルが生んだ最も偉大なギタリストである。―他に類を見ない最高峰のテクニックの持ち主である。

ボサノヴァ・ギターの鉄人”という称号がぴったりだ。(1995年8月号より)

 

「詩人のお話し」

youtu.be

「ワルツ・フォーエヴァー」ジョン・ノウルズの演奏。

youtu.be

「サマンバイア」マルコ・ペレイラ

youtu.be

「オッサーニャの唄」トッキーニョ

youtu.be

「オッサーニャの唄」トッキーニョ(2022/3/19追記)

youtu.be

「あなたゆえ Por Causa de Você」バーデン・パウエル

youtu.be

「星に願いを(チェット・アトキンス)」

youtu.be

「星に願いを(チェット・アトキンス)」(2021/7/30追記)

youtu.be

「ホーランド・パーク(二重奏)」

youtu.be

「ネーネ・ショーロ」ガロートの演奏ではありません。

youtu.be

「そして、バラが」バーデン・パウエル

youtu.be

「そして、バラが」(2021/4/30追記)

youtu.be